So-net無料ブログ作成

カウンセリング日記 20100607 その3 [カウンセリング]


前回から少し時間を置いてしまったので
果たして思い出せるか自信はないのですが
今回は、小学校高学年からのことを書きますね。

私の不登校が1番激しかった時期は
小学校高学年の時ですが
いじめが1番ひどかったのも
この時期だったりします。

私は、顔の造作もあまり良くないのですが
名字もちょっと変わったもので
その造作の悪い顔と
まるでリンクしているようなったので
それがいじめの原因でもありましたが
もちろん、対人コミュニケーション障害や
独特の行動特性も
いじめの要因になっていました。

意外なのは
母が駆け落ち蒸発していることでは
ほとんどいじめられたことはなかったです。
私の住んでいた地区は
市内でも治安の悪いところで
同級生たちも様々な環境で生活していたので
その辺りに干渉することはなかったです。
本当に様々でしたので…。

で、小学校の高学年の時に
ちょうどタイミングが悪く
小学校が2つに分かれて
私は新しくできた方の小学校になりましたが
仲の良い子たちが
古い方の小学校になったりで
余計に孤立しやすい状態になっていました。

そして、その頃からなのですが
自分が人と少し違うのではないかと
漠然と思うようになっていて
日々、色々なことを考えていました。
そして、本をよく読むようになり
それにつれて空想の世界に
浸るようになっていきました。

その頃ですね、
強烈に性への目覚めがあり
そう言うことへの興味は
人一倍強かったと思います。
そんなことも合わせて
物思いにふけっていたと思います。

とにかく学校へ行かなくて
テレビを見たり
本を読んだり
好き勝手をしていたのですが
母がいないので
炊事を祖父と分担していて
祖父は片足が不自由で
買物に行くのが大変だったので
不登校をしているにも関わらず
近所の市場などに
買物には毎日のように出かけていました。
周りも私が不登校なのは承知の上で
買物に出かけているのは認めてくれていて
反対に色々と助けてくれたのを
覚えていたりします。

そして炊事をしていたのですが
今から思うと自分でもすごいと思うくらい
飲み込みが早く
大人顔負けの料理を作ったりしていて
味覚がとても優れていることに
周りも含めて気付き
ひかりこちゃん=何でもできる子って感じで
認められていたような気がします。

不登校をしていても
学校へ復帰すれば
勉強も上の上な成績だったので
休んでいるにも関わらず
ほとんど5に近い成績でした。

特に家庭科、音楽、図工がすごくて
いじめられっ子の不登校児にも関わらず
図工の時などは
いじめっ子に教えたりする役をやっていました。
おかしかったのは
校外へ写生に出かけると
私の横には
いじめっ子たちがズラッと並んで
私と同じ風景を描きたがりました。

音楽で歌のテストがあれば
私と同じ歌を選択して唄ってました。

家庭科では、同じ班になりたがったり
とにかくいじめられっ子とは思えないような
希有な扱いを受けていました。

そこで困ったことがあったのですが
私は、これらのことを
別に自慢げに書いている訳ではなく
これができるって素直に書いているのですが
これと同じようなことがいつも起こり
できることをできると言ってしまうので
それが自慢と取られたりしてしまい
それも癪に障るのか
いじめの一因になっていたような気がします。
そういうスキルがないのです。
なので、反対に言えば
素直であるがために
言葉をそのまま受け取ってしまい
裏の意味とかを考えることが苦手なのです。
本音と建前をはかるのが
とても苦手だったりします。
なので、途中で混乱して
かえって裏読みしようとしたりします。
途中でわからなくなるのです。

もちろん、
言葉の裏を読むのが苦手なので
嫌味や妬みがわからず
ストレートに受け取ってしまい
後で嫌な思いをしてしまったり…。
後でと言うのは
どうしてもタイムラグが生じるので
その場でわからなかったりして
後から気付くことが多いのです。
そうするとものすごく悔しかったりします。
恥ずかしかったりします。

そんな感じで
この時期はとても辛かったですね。

ちなみに育児書的なもので読みかじったのですが
この時期に色んな目覚めがあるそうです。
発達障害児が
人との違いに気づくのも
この時期だったりするそうです。
確かに、この時期を境に
不登校やいじめがひどくなった気がしますね。
とても難しい時期だそうです。


では、今回はこの辺で…。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。