So-net無料ブログ作成
本の紹介 ブログトップ

この2冊の本を読んでみて 『大人の発達障害』 『大人のアスペルガー症候群が楽になる本』 [本の紹介]




大人のアスペルガー症候群が楽になる本〜本人と周りの人のために



大人の発達障害―アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本



前回の記事と前々回の記事で紹介した本ですが

やっと前回紹介した本を読み終えることができました。



両方の本を読んで感じたのは

これは、当事者向けではなく

どちらかと言えば周りの方向けだと言うこと。

本人が読んでも落ち込むとまでは行きませんが

定型発達の方々の目線で見て感じた

発達障害当事者の問題を載せているケースが多いので

自分に当てはめてみて辛い部分があるかも知れません。



ただ、反対に言えば

定型発達の方々が

私たち発達障害の行動特性の

どの部分に困っているのかを知るために

わかりやすい本とも言えると思います。



私は、順序を逆に読んでしまいましたが

先に出版された『大人の発達障害』から読んだ方が

著者の発達障害に対する変化を読みとれると思います。

『大人の発達障害』は色々なケースを紹介し

発達障害は治らないので

周りの”理解と配慮”が必要ってことを説いていますが

『大人のアスペルガー症候群が楽になる本』では、

ただ単に”理解と配慮”だけではおさまらない

アスペルガー症候群の周りの方々の苦悩にスポットを当て

どう言う”理解と配慮”好ましいのか?

具体的にどうしたら良いのかを示してくれています。



実を言えば、うちの娘の1人もアスペルガー症候群です。

中学の頃にわかったのですが、

程度も低いってことで具体的な治療はせず

学校側にそのことを伝えて”理解と配慮”を求めました。

最近の学校は、発達障害についても理解が進んでいて

温かく見守っていただけました。



しかし、社会人になる際には

あえてアスペルガー症候群であることは

会社側に伝えませんでした。

彼女自身で対処ができると思ったからです。



娘の場合、人と接することには苦労はしていません。

どちらかと言えば、可愛がられるタイプで

友だちも大勢います。

娘が発達障害であることで困っていることは

こだわりが強いことと、

変わった理解をすることと、

真に受けやすいことと、

不注意特性があることで

幸いコミュニケーションの方には

多少の問題もあれど、

重大なことには発展することは少ないです。



中学の頃に発達障害がわかり

大した治療も受けなく

この2月に成人したので

大人になってから発達障害がわかった方と

そんなに大差はないと思っていましたが、

私たち両親や学校関係者の”理解と配慮”があったので

本人たちは、中学はもちろん

高校でも楽しく生活することができました。



あ、本人たちとありますが、

うちは、二卵性の双子なのですが

もう1人は、ADHDの混合型です。

どちらかと言えば不注意優勢型に近いです。



アスペルガー症候群とは違いますが

彼女は、中学でADHDがわかった時に

思春期だったのもあり反発もしましたが

自分なりに徐々に受け止めて

自分は忘れやすいので

前の日に朝メールをしてくれと

お友達に頼んだりしていたようです。

これは、自分の特性を判った上で

お友達に理解してもらい配慮してもらった…

そう言い換えることができるのでは?

と、思いました。




もちろん、このケースは、

娘とお友達が良好な友人関係でないと

成立しないかも知れないことですが

本人からアプローチすることも可能なんです。



この本を読んで、自分の抱えている問題を知り、

周りの方と話し合いながら

”理解と配慮”を望むことが可能だと思います。

もちろん、”理解や配慮”を求めるだけではなく、

自らも対処法を学ぶことも大事ですよね。

上のADHDの娘の方は、この対処法に当たると思います。

自分1人では忘れてしまうので

お友達に念押しをしてもらう。

まぁ、それでも忘れたりするのですが(苦笑)

自分なりの工夫で乗り切ろうとしています。

そんなことが学べる2冊だと思います。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

本のご紹介 『大人の発達障害』 [本の紹介]


大人の発達障害―アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本

大人の発達障害―アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本

  • 作者: 備瀬 哲弘
  • 出版社/メーカー: マキノ出版
  • 発売日: 2009/03/14
  • メディア: 単行本




まだ全部は読んでいませんが、
発達障害の行動特性について
色々なケースが紹介されていて
理解がしやすいようになっています。
専門的なことも載っているので
最初に読むのに適していると思います。

巻末に『発達障害チェックリスト』が付いているので
それを参考にされるといいですよ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

本のご紹介 『大人のアスペルガー症候群が楽になる本』 [本の紹介]




大人のアスペルガー症候群が楽になる本〜本人と周りの人のために

大人のアスペルガー症候群が楽になる本〜本人と周りの人のために

  • 作者: 備瀬 哲弘
  • 出版社/メーカー: マキノ出版
  • 発売日: 2011/03/15
  • メディア: 単行本




昨日、4月26日に購入しました。
購入理由は、ズバリそのタイトルでしたが
読み進めてみると、
そのタイトルとは裏腹に
少し苦しくなるものでした…。

私が期待したのは、
アスペルガー症候群の行動特性を持っている私自身が
この本を読むことによって
気持ちが楽になれるかと言うことで
まさか、著者自身や周りが楽になるのが主体とは
全く思っていなかったので
最初の方に紹介される事例が
アスペルガー症候群のマイナスの部分ばかりで
正直不快でした。

でも、読み進めて行くうちに
それは誤りで
徐々に希望を持てるものになっていきました。

これ以上書くとネタばれですので
ここら辺にしておきますが、
とにかく、アスペルガー症候群の方にも
その周りの方にも読んで欲しい1冊です。

そんなに堅苦しいものではないので
すぐに読めると思いますよ。


ただ、私も特定不能と言われましたが
極めてアスペルガー症候群のに近いので
こだわりや気持ち悪さを感じることが多いのですが
アスペルガー症候群のことを”病気”と書かれているので
その部分に慣れるまでは、
少し時間を要しました。

”わたし的”には治らない障害だと思っているので
少し納得がいきませんでしたね。
気持ち悪かったです。
結構、生活していく上では辛いです。


本の紹介 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。